一般ユーザ権限での rpmbuild

LinuxTips

一般ユーザ権限での rpmbuild

rpmbuild は、root で実行すると “/usr/src/redhat/…..” 等にファイルが保存されます。
ディレクトリに対して一般ユーザーは書き込み権限を持っていないので、rpmbuild が
実行できません。

一般ユーザー専用のディレクトリを作成する。例:”$HOME/src/rpms”←の下に
BUILD, RPMS, SOURCES, SPECS, SRPMS というディレクトリを作成する。
rpmbuild に対する設定は、.rpmmacros に記入します。

ビルドしたRPM ファイルは $HONE/src/rpms/…以下に保存されます。

1.一般ユーザーでログインします。
2..rpmmacrosを作成する。

[centos@user ~]$vi .rpmmacros
%_topdir        /home/user/src/rpms
%_specdir       %{_topdir}/SPECS
%_sourcedir     %{_topdir}/SOURCES
%_builddir      %{_topdir}/BUILD
%_srcrpmdir     %{_topdir}/SRPMS
%_rpmdir        %{_topdir}/RPMS

3.ディレクトリを作成
src, rpms,  BUILD, RPMS, SOURCES, SPECS, SRPMS

[centos@user ~]$
mkdir -p $HOME/src/rpms/{BUILD,RPMS,SOURCES,SPECS,SRPMS}

[tmkm-amazon]4774138169[/tmkm-amazon]

PAGE TOP