IE8で、表示が崩れてしまいました。

2017年1月13日Windows

IE8にバージョンアップして、当方のホームページを表示したところ、
サイドバーなど崩れて表示されていました。

IE8の互換表示のボタンを押さないとうまく表示できないので、互換表示のボタンを
押さなくても表示できるようにしました。

方法は、各Webページの<head>要素の中に次のコードを記述すれば、IE8が標準モードで
あっても、強制的にIE7互換モードが使用されるようになります。

<meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=emulateIE7" />

Webページ単位で描画モードを設定する<meta>タグの指定(HTMLコード)

もうひとつは、 .htaccess のファイルに下記のコードを追加する。

Header set X-UA-Compatible "IE=7"

今回は、.htaccessに追加の方法で対処しました。
これで、互換表示のボタンも表示されず、正常に表示されるようになりました。

IE8が持つ互換モード
IE8には次の3種類の描画モードが存在します。

IE8標準モード(IE8標準、完全な標準CSS)
IE7互換モード(IE7標準、IE7互換の標準CSS)
Quirksモード(IE5標準、MS-CSS 5/6/7対応)

Windowstips

Posted by kencom

PAGE TOP