UPS apcupsd 導入

2011年2月11日CentOS5.2

apcupsdのインストールと設定

UPS(無停電電源管理)

停電対策に、APC社のRS 900(通信ケーブル:USB)を利用しました。

[tmkm-amazon]B000H7IJSQ[/tmkm-amazon]

apcupsdをインストールする。
[root@centos ~]# yum install apcupsd

/etc/apcupsd/apcupsd.confを以下のように設定する。

[root@centos ~]# vi /etc/apcupsd/apcupsd.conf

#  for apcupsd release 3.14.3 (20 January 2008) - redhat
UPSCABLE usb
UPSTYPE usb

#DEVICEはコメントアウトで自動認識
#DEVICE /dev/hiddev0

LOCKFILE /var/lock
ONBATTERYDELAY 6
BATTERYLEVEL 5
MINUTES 3
TIMEOUT 1800
ANNOY 300
ANNOYDELAY 60
NOLOGON disable
KILLDELAY 0
NETSERVER on
NISIP 0.0.0.0
NISPORT 3551
EVENTSFILE /var/log/apcupsd.events
EVENTSFILEMAX 10
UPSCLASS standalone
UPSMODE disable
STATTIME 0
STATFILE /var/log/apcupsd.status
LOGSTATS off
DATATIME 0

TIMEOUT 1800:バッテリに動作が切り替わってから1800秒後=30分後
にシャットダウン
apcupsdを起動する。
[root@centos ~]# /etc/init.d/apcupsd start
[root@centos ~]# chkconfig apcupsd on
PAGE TOP