監視ツール munin 1.2.6-4 のインストール

2011年2月11日

 簡単にサーバーリソースなどのグラフを生成してくれるmuninを
インストールしてみました。その時の備忘録です。

インストール環境 CentOS5.3にインストール

EPEL(Extra Packages for Enterprise Linux )にある
munin-1.2.6-4
munin-node-1.2.6-4をyumでインストール

EPELのリポジトリを追加していない場合は下記のリンクを参照してください。
epel リポジトリを追加

muninのインストール (munin, munin-node)
[root@cent ~]#yum --enablerepo=epel install munin munin-node

muninディレクトリの作成
[root@cent ~]#mkdir /var/www/munin</pre>

muninが作成する格納ディレクトリの権限変更
[root@cent ~]#chown -R munin:munin /var/www/munin

/etc/munin/munin.confの設定
htmldir /var/www/munin ←自分の環境に合わせる

↓追加
[localhost]
    address 127.0.0.1
    use_node_name yes

[root@centos ~]#vi /etc/munin/munin.conf
dbdir   /var/lib/munin
htmldir /var/www/munin
logdir  /var/log/munin
rundir  /var/run/munin

# Where to look for the HTML templates
tmpldir /etc/munin/templates
# a simple host tree
# 監視するサーバーの設定
[localhost]
    address 127.0.0.1
    use_node_name yes

apacheでアクセスできるようにmunin.confを設定する。

[root@cent ~]#vi /etc/httpd/conf.d/munin.conf
Alias /munin /var/www/munin
### 内部からのみアクセスするためには以下を追加
<Location /munin>
  Order deny,allow
  Deny from all
  Allow from 127.0.0.1
  Allow from 192.168.1.0/24 ← 内部ネットワークアドレスを指定
</Location>
 
[root@cent ~]# /etc/rc.d/init.d/httpd reload ←Apache設定反映
httpd を再読み込み中:                                 [  OK  ]

[root@cent ~]# /etc/init.d/munin-node start ←munin-node起動
Starting Munin Node:                                  [  OK  ]

これで、5分後には、グラフが作成されています。